わんこせっけん。
愛犬の心と体を元気にする手作りアロマせっけん
愛犬の心と体を元気にする手作りアロマせっけん


買いました。きっとそんなに人間用と変わりない?と思ったけど
何か良い情報があるやも?と期待して。。。


ウチのらんらんは飼い主に似て?とっても敏感肌。
アレルギー体質でもあるので、肌に優しいシャンプーがかかせません。
合わないのを使うとカイカイ&フケが出てしまいます。
…でも市販の敏感肌用シャンプーってかなりお高いのよね〜。


レシピはやはり人間とそんなに変わらず。
全て、オレイン系(オリーブとかアボカド)+パーム+
ココナッツ+キャスター+脂肪酸+オプション
で、かならずホホバをスーパーファットで入れるってもの。


それ以外は精油やハーブの効能でそれぞれの特徴を出すってかんじ。
もちろん精油はわんこ用なので香りつけとしてではなく、効能を期待したくらいの低い配合率。


そうやね。わんこにはシンプルレシピがベストやね。
あんまりいじくらない方が良さそう〜。


( ̄  ̄) (_ _)うんうん
ホホバでマッサージしてやると毛がふわんふわんになるから
スーパーファットは欠かせんね〜。


…と、とっても納得のレシピたちです。


とりあえず「ニームの虫除けせっけん」を
春夏にむけて作ろうかな〜と思います。
ちょうど明日ニームパウダーetcが届く予定ピピピ


それとわんこ仕様のクレイせっけん
天然の被毛補修剤を含むのホーステイルの石鹸も作ってみたいな♪


わんこの表皮は人間の1/5の薄さらしいです。
そんなに薄かったのね〜。なるほど皮膚が弱い子が多いのも頷けますね。


ちなみにpHは7.5くらいらしいです。
人間と違って弱アルカリ性なのね〜。


ドッグアロマテラピストさんの本なのでレシピ以外も勉強になりマス。


いとしの敏感肌子犬のために長めに寝かせて優しいせっけんにしてあげなくちゃ♪
(ちなみにデリケートそうに見えるみっきは鉄肌。)


それから!一番参考になったのはクレイのトリートメントジェル
お友達がちわわんにクレイパックしたい。。。って言うてたけど
大さじ1くらいのクレイで作れるんだって!


人間みたく毎日お風呂に入るわけじゃないので
クエン酸のリンスだけじゃ物足りないなぁ。。。って思ってたところ〜。


やさしく洗ってね♪
こうなるとわんこのシャンプータイムも断然楽しくなりそうですチョキ
| mickeyran | お買い物部(書籍) | 14:12 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
ハーブ大百科。
Herbs for Pets  ペットのためのハーブ大百科
Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科
メアリー・L・ウルフ-ティルフォード, グレゴリー・L・ウルフ-ティルフォード, 金田 郁子


ちょっとお高くて迷っていたけど、思い切ってポチっと。
みっきもあと1年くらいでシニアの域に突入しちゃうのでね。



自分自身、昨年の夏あたりから原因不明の体調不良になって
ホリスティックケアに興味が出てきました。


ホリスティックについて詳しくはネットで検索を(笑)


自分なりには

たとえば病気になったとき、悪い部分だけを見るのではなく
人間(または、ワンコ)全体=その人そのものを見るような
医療であったり、ケアであったり、日々の予防であったり。
元の原因が何かってことを知って根治or健康維持・促進。

こんな感じに理解しているんだけど。。。


ってなんかむずかしいことはおいといて
この本はハーブで健康維持や病気治療をしようと言うものです。
効能や使い方や注意点について詳しく書かれています。
ハーブの効能は人も犬も同じなので人間用としても参考になります。



見てるだけでも図鑑みたいで楽しいよピピピ



最近はやりのデトックスもホリスティックケアの
一環みたいなもんかな。


そんなこんなで最近自分のデトックスにも一生懸命で。。。
ハーブティや自作石鹸以外にも、ゲルマニウム温浴(自宅でね)や、
クレイパック、屋久島ガシュツなどなど。。。
いろいろ手を出しちゃってます。


自作石鹸も最初はピンときませんでしたが
使うほどに肌のコンディションが上がってきました。
十代のようにピッカピカとは言えませんが
ヒリヒリ&カイカイはなくなりましたチョキ


手作りクリームと併用すると効果絶大で市販品の
シミシミローションなんてもう使えませーん。


み〜らんも健康なシニアを送れるようにいろいろ勉強しなくては!
続きを読む >>
| mickeyran | お買い物部(書籍) | 15:35 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |